ダイエットの日々から卒業|確実痩せで満足ボディ

お腹

医療の力で手軽に痩せる

お腹

運動だけで痩せるのは大変

一口にダイエットといってもその定義は人それぞれですが、すべてに共通しているのは身体にたまった余分な脂肪を減らすという点です。脂肪はヒトにあっては筋肉等を動かす際のエネルギー源となります。ですから脂肪を減らすには運動によって脂肪を燃焼させればいいことになります。ただ、いざ実行するとなるとなかなか大変なのがダイエットの難しいところです。たとえば自転車に乗るとした場合、1kgの脂肪を燃焼させるとなると約20時間走る必要があると言われています。毎日1時間ずつ乗るとすれば20日かかる計算になります。しかし現実にはその間も食事によって新たな脂肪がどんどん体内に入ってきますから、実際にはこれ以上の運動量が必要になります。こうした点を考えると、ダイエットというものは相当な根気強さがないと成功は困難だという結論に達します。ただ、それでは意志の弱い人や忙しくて運動のための時間が作れない人は痩せることをあきらめるしかないということになってしまいます。そんな中、これから注目を集めていくものと予測されているのが美容整形の一環としてのダイエットです。これは、簡単に言えば医療技術を用いて脂肪を減らすというものです。つまりできものなどを取り去るのと同じように、医療の力で脂肪を「不要物」として取り去ってしまうのです。

気になる部位に直接対処

美容整形としてのダイエットには、2つのメリットがあります。1つは、脂肪が自然に燃焼するのを待つ必要がないため、激しい運動など行わなくても良いことです。そしてもう1つは、医療機関で施術が行われることです。美容整形は医療行為なので、当然国家資格を持った医師の監督下でしか実施できません。そのため民間療法的な痩身術とは異なり、安全性に高い信頼をおくことができます。現在広く行われている美容整形ダイエットには、脂肪吸引・脂肪溶解注射・キャビテーションの3つがあります。このうちの脂肪吸引というのは、細い管を皮下に挿して機械の力で脂肪を吸い出す技術です。3つのうちでは最も外科的な要素が強い手法であり、施術したその日に効果があらわれます。次の脂肪溶解注射は、脂肪を溶かす働きを持つ薬剤を注射し、液状化させるというものです。溶けた脂肪は体液に運ばれ、やがて老廃物となって身体の外に排出されます。最後のキャビテーションは、肌の上から特殊な超音波を当てて脂肪の中にたくさんの泡を生じさせ、その泡のはじける力で脂肪を破壊してしまうというものです。壊れた脂肪はやはり老廃物となって身体の外に出ていきます。これらの施術は、いずれも脂肪のたまっている部位に直接アプローチします。そのため、部分痩せが容易に実現するというメリットも併せ持っています。